2011年02月16日

父の死、手続きに追われて…

以前から入院していた父が、先月の18日に亡くなりました。
明後日で、ちょうど一ヶ月が経ちます。

入院生活、約2年半でした。
いろんな病気を抱えつつもよく2年半もったなぁと思いますが、これもすべて病院の先生方や看護婦さんのお陰・・・。

本当に感謝です。

ですが、父が亡くなってからのこの1ヶ月、悲しみに暮れる間もなくいろんな手続きに追われっぱなしで今もって、生命保険や父の名義で預金していた銀行などの手続きが完全に終わってません。

続きを読む…
posted by きゃりめろ at 21:39| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

人口肛門手術

お陰さまで、父の手術が無事に終わりました。

しかし・・・

大腸にあるガンは、そのまま父の体に残ってます。

っというのも、やっぱりあまりにもリスクがありすぎて、病院側からガンの摘出はできないということで今回の手術は、人工肛門を作るだけの手術でした。

主治医の先生は、できたら父のガンを取り除きたいと言ってくださってたんですが、こればかりは仕方ありません。

今のところ、ガンの転移は見当たらないそうですが、いずれどこかに転移するでしょう。
でも、無理して手術をすることで今死ぬより、ガンを抱えながらも数年生きていてくれた方がいいです。

今は体調も落ち着いてます。
まだ、安心できませんけどね^^

皆さんにはいろいろお見舞いのお言葉を頂戴しまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m
posted by きゃりめろ at 23:17| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

人工透析しながら大腸ガン手術

去年、生きるか死ぬかで大騒ぎだった父が、またもや超最大級の難題を私たち家族にもたらしてくれました。

脳梗塞にも似た症状だの、人工透析だの肺炎だの貧血だのと様々な病気と治療を繰り返して、やっと、やっ〜〜〜と落ち着いたと思ったら、何と今度は大腸ガンに。

もう、信じられへん〜〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

今更、ガンって???バッド(下向き矢印)

便に血液が混ざってて検査の結果、肛門から40pのところにガンができてたんです。

続きを読む…
posted by きゃりめろ at 14:52| Comment(11) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

人工透析患者の言語障害とカラダの麻痺…3

父が入院して早、2ヶ月が立ちました。
その間、ヤバイ、逝ってしまうのでは…という状態が2回ありました。


で、その2回目が先週の水曜日だったんですけど、お陰さまで何とか呼吸も安定し今は落ち着いています。


貧血もひどく、先週から輸血も始めました。
なんだかんだと思わぬ症状が次々と現れ、内心ホントにヒヤヒヤで精神的にも疲れます。


でも、もっと驚いたことがあって・・・


続きを読む…
posted by きゃりめろ at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

人工透析患者の言語障害とカラダの麻痺…2

40度の熱が出て、一時は「ご家族の方を呼んでください!」状態にまで陥った父でしたが、お陰さまでどうにか生きてます。


皆さんにはご心配をかけました。また、お見舞いのお言葉もいただき、ありがとうございましたm(_ _)m


ですが、


正直、まだ安心はできません。
腹膜透析だったのも、急遽、血液透析に変更され、酸素マスクも付けていて、熱が出たり下がったりの繰り返しで不安定な状態が続いてます。


時折、息づかいも荒くなり、もうマジで逝ってしまうんじゃないかって、何度思ったことか。
朝起きて、夜中に病院から緊急の呼び出し電話がなかったことで「父は今日も生きてる」と思うこともしばしば。


これからまだしばらくは、予断を許さない状態が続きますが、
少しずつ回復してくれるのを祈るしかないですね。


ここ最近の記事は、暗い内容ばっかりですみません(;^_^A
posted by きゃりめろ at 10:09| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

人工透析患者の言語障害とカラダの麻痺…

以前の日記で、父が脳梗塞になったとお話しましたが、再度詳しく検査をしてみた結果、そうじゃなかったことがわかりました。


言語障害や右半分のカラダの麻痺…


お医者さん方も、最初のレントゲンではそれらしき影が写ってたこともあって、脳梗塞ではないかと考えていた。
もちろん、家族である私達もそう思ってた。

父の脳のレントゲンを見ると、ほんの小さな脳梗塞が転々とあった。でも、カラダに支障をきたすほどのものではないらしい。


じゃ、どうしてこんなことになってしまったのか?


続きを読む…
posted by きゃりめろ at 08:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

脳梗塞は突然やって来た!

思いがけない事態になってしまった。
正直、まいったなぁーて感じ。

ってゆうか、いつかは…って思ってたんだけど、
こんなに早くなるとは。


実は先週、父が脳梗塞になってしまいました。
(今のところ命には別状ありません)


父の状態を見て、どー見てもこれは脳梗塞の症状だろうと判断した私は、すぐに救急車を呼んだ。で、そのまま入院。


カラダの右半分の麻痺と言語障害があり、今週もう一度検査をして、その結果次第で今後の治療方法などが具体的に決められる予定です。


続きを読む…
posted by きゃりめろ at 13:19| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

不摂生の代償

私の父が今月、また白内障の手術をします。


今年70歳になるんですが、口だけはとっても元気。
時々、「欧米かぁ!」とばかりに突っ込んでバシッとしたくなる時がある(笑)


父は毎月3回〜4回、病院に行きます。
歳をとると、歯医者だったり内科だったり外科だったり…とにかく、いろんな科の掛け持ち状態になってしまうものですが、それはある意味、しかたのないことです。


でも、父の場合は確実に若い頃からの不摂生が原因で、今の病院通い生活になってるんですね。


続きを読む…
posted by きゃりめろ at 13:40| Comment(13) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

白内障

数日前に、私の父が白内障の手術をしました。
近年、白内障の手術をする人は増えていて、5月に予約をしやっとでこの時期に手術ができました(;^_^A

白内障とは・・・

目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下し物が霞んで見え、明るいところへ出ると眩しく見にくくなったりぼやけて二重、三重に見えたりする症状をいいます。

続きを読む
posted by きゃりめろ at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

甥っ子・姪っ子の子守

お盆の間、私の弟家族が遊びに来ていまして、その子供達の相手に追われ忙しく過ごしてました。

小学2年生の男の子と、幼稚園の女の子なんですがとにかく元気なんですよもうやだ〜(悲しい顔)
こっちついて行けないくらい(;^_^A

でも、何だかんだ言ってもまだ小さいので、こっちの言う事も素直に聞いてくれるので可愛いんですけどね^^

子供達に誘われ炎天下の中、久しぶりにプールにも入りましたあせあせ(飛び散る汗)
水泳のコーチを辞めて以来、長い事プールから遠ざかっていたので、楽しかったです。。。

まぁ、こんな事でもないと、プールに入ることもないですからね…
子供達には、感謝です^^
posted by きゃりめろ at 09:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。