2009年06月09日

人口肛門手術

お陰さまで、父の手術が無事に終わりました。

しかし・・・

大腸にあるガンは、そのまま父の体に残ってます。

っというのも、やっぱりあまりにもリスクがありすぎて、病院側からガンの摘出はできないということで今回の手術は、人工肛門を作るだけの手術でした。

主治医の先生は、できたら父のガンを取り除きたいと言ってくださってたんですが、こればかりは仕方ありません。

今のところ、ガンの転移は見当たらないそうですが、いずれどこかに転移するでしょう。
でも、無理して手術をすることで今死ぬより、ガンを抱えながらも数年生きていてくれた方がいいです。

今は体調も落ち着いてます。
まだ、安心できませんけどね^^

皆さんにはいろいろお見舞いのお言葉を頂戴しまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m
posted by きゃりめろ at 23:17| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。